2019年度東京TSネット主催連続セミナー「生きづらさを抱えた人をささえる」第2回「セクシュアルマイノリティの方のくらし」レポート

東京TSネットの連続セミナー、今年度は「生きづらさを抱えた人の支援」としてお送りしています。2019年9月28日に、第2回「セクシャルマイノリティの方のくらし」が開催されました。

大江千束さん(セクシャルマイノリティのためのセンターLOUD代表)からは、セクシュアリティとは何かという基本的なお話から、LGBTの方の抱える問題の特徴等、「当事者の生き辛さの構造」についてお話いただきました。特に、①知る→②意識を変える→③アライ(LGBTの当事者ではない人が、理解し支援するという考え方や、そうした考え方を明確にしている人々のこと。)であることを表明する、というステップを踏むことが、生き辛さを抱えたLGBTの方を支えるために必要であるというお話が印象的でした。
また、金井聡さん(LGBTハウジングファーストを考える会・東京事務局)からは、生活に困窮し、家を失ってしまったLGBTの方に対して住居を確保する必要がなぜ高いのか等、「LGBTと貧困―ハウジングファーストの視点から―」をテーマにご講演いただきました。
最後のディスカッションでは、パネリストだけではなく、参加者を交えた議論がされました。参加者からの「当事者にとって、誰かに相談をするということは、カミングアウトをすることだ。」というお話が印象に残りました。また、「見えにくい」生きづらさを抱えているLBGTの方を支えるにあたっては、「想像力を持つこと」が必要があると感じました。私にとっては、今回のセミナーが、「①知る」というアライになるための第一歩になりました。
今回は、東京TSネットのイベントに初めてご参加いただいた方も多くいらっしゃいましたが、お菓子なども用意され、アットホームな雰囲気で進められました。
今後も東京TSネットでは、様々な要因から「生きづらさを抱えた人をささえる」をテーマにセミナーを開催していきます。次回の連続セミナーは、12月14日(土)14:00~17:00に、「発達障害」をテーマに開催予定です。これまで参加したことのない方も、是非、ご参加ください!

今回も、会場は株式会社TKC様にご提供いただきました。株式会社TKC様、ありがとうございました。
また、今年度の連続セミナーは、草の根市民基金・ぐらん様からの助成により開催させていただいております。ありがとうございました。

(文責:長谷川)