2019年度 連続セミナー第4回のお知らせ

TS(トラブルシューター)の名付け親である野澤和弘さん。
2019年10月に毎日新聞社論説委員を退職されました。
今回は,それを記念して,野澤さんに全面プロデュースしていただくセミナーです!
野澤さんが以前から担当している「障害者のリアルに迫る東大ゼミ」。
現在は,東大以外の大学にもどんどん広がっています。
今回は,リアルゼミの卒業生・現役生に参加してもらって,これからの福祉・メディア・司法を考えます!
今後を担う大学生たちと一緒に,これからの障害福祉,そして日本を考えましょう。
当事者の方も,支援者の方も,メディア・司法関係の方も,みなさんぜひぜひご参加ください!


東京TSネット主催2019年度連続セミナー「生きづらさを抱えた人をささえる」

第4回「野澤和弘presents メディア×司法×福祉〜東大生はなぜ福祉の世界へ〜」

日 時 2019年3月14日10:00〜17:00
(受付開始時間/9:45〜)
会 場 株式会社TKC東京本社2階
(東京都新宿区揚場町2−1軽子坂MNビル)
参加費 3,000円

コーディネーター:野澤 和弘さん

1983年,毎日新聞の記者になる。いじめ,ひきこもり,虐待などに取り組む。論説委員を11年したあと,2019年10月退社。
現在は,一般社団法人スローコミュニケーション代表,植草学園大学客員教授など。障害者のリアルに迫る東大ゼミの顧問・担当講師。内閣府障害者政策委員会委員などもつとめる。

タイムテーブル

 

9:45~ 受付開始
10:00~10:15  東京TS活動報告
10:15~12:00  【第1部】東大生が福祉を仕事に選んだ理由
登壇者:御代田太一さん(社会福祉法人グロー(GLOW))
今井出雲さん(千葉県中核地域生活支援センターがじゅまる)
12:00~13:00  お昼休憩
13:00~14:55  【第2部】メディアの黎明
登壇者:山本恭一郎さん(NHK制作局ディレクター)
北村大樹さん(早稲田大学大学院ジャーナリズムコース)
14:55〜15:05  休憩
15:05~17:00  【第3部】「幸せな弁護士はいない」は本当か?
登壇者:山本斐海さん(東京大学法学部)
向井佑里さん(東京大学法学部)

※各部とも,質疑応答の時間を設けさせていただきます。
※コーディネーターである野澤さんは,1日登壇していただきます。また,その他東京TSネットのメンバーなども適宜話をする予定です。


お申し込み

お申込みは,下記こくちーずproのページからお願い致します。
お申し込みはこちらから
https://www.kokuchpro.com/event/19tsseminar4/

インターネットをご利用でない方については,
「2020年3月14日セミナー参加希望」とご明記の上,
①お名前/②ご所属/③ご連絡先を,FAX(020-4666-4066)でお送りください。

お問合わせ先

一般社団法人東京TSネット
Fax:020-4666-4066/Mail:info-tokyo-ts@tokyo-ts.net
※お電話でのお問い合わせは受け付けておりませんので,お手数ですがメールまたはFAXにてお願いいたします。



※今回の連続セミナーについては、草の根市民基金・ぐらんの助成により実現しています。


チラシ(PDF)のダウンロード