第2回東京TSネットセミナー「ちょっと待って!イマドキの入り口支援~更生支援のあり方を改めて考える~」

このイベントは終了しています。

開催レポート

写真&アンケート集計結果


現在,様々なところで入口支援が広がってきています。
ここで1回ちょっと立ち止まって,入口支援・更生支援のあり方を改めて考える機会を設けたいと思います。

日時 2017年3月5日(日) 10:30〜17:00
会場 KFC Rooms 111
住所 東京都東京都墨田区横網1丁目6番1号 KFCビル11階 地図
参加費 3,000円

申し込みはこちらから

罪に問われた福祉的支援を必要とする人(障害のある人や高齢の人)に対して,「被疑者・被告人」段階,いわば刑務所への「入口」の段階で福祉的支援に繋げる活動が広がっています。これが,いわゆる「入口支援」です。

東京TSネットは,この入口支援を活動の軸として取り組んでいます。一方で,弁護士会と社会福祉士会の連携を中心とした動き,検察庁におかれた「社会復帰支援室」や「再犯防止推進室」を中心とした動きも広まってきているところです。

ただ,このように入口支援が広がりを見せる中で,支援のあり方自体が,少しずつ変化してきているのではないでしょうか。

支援の輪が広がっている今だからこそ,ちょっと立ち止まって,入口支援にとどまらず,罪に問われた障害のある人への支援(更生支援)のあり方について,改めて考える機会を設けたいと思います。

みなさま,ぜひご参加下さい。

プログラム

10:30〜11:00 東京TSネット活動報告&問題提起
11:00~12:00 基調講演①
「刑事手続と福祉的支援〜本人の主体性は確保できるのか〜」
(講師:一橋大学大学院教授 葛野尋之 氏)
13:00~14:00 基調講演②
「刑事司法とかかわる対人援助〜その可能性と課題〜」
(講師:山口県立大学准教授 水藤昌彦 氏)
14:00〜14:45 事例報告
15:00~16:45 シンポジウム
「ちょっと待って!イマドキの入り口支援~更生支援のあり方を改めて考える~」
(シンポジスト:葛野尋之氏,水藤昌彦氏、堀江まゆみ氏)
16:45~17:00 質疑応答