理念/団体概要/メンバー

理念

私たちは すべての人が 障がいの有無にかかわりなく
地域で暮らせる『共生社会』を目指しています

東京エリア・トラブルシューター・ネットワーク(東京TSネット)は,地域でトラブルに巻き込まれた障がいのある方を支援するために,福祉専門職,弁護士,医師などが集まって立ち上げた任意団体としてスタートしました。
現在は一般社団法人東京TSネットとして活動しています。
福祉的な支援が必要と思われる被疑者・被告人に対する個別ケースの支援のほか,弁護士による出前講座,事例集の作成なども行っています。

団体概要

【設立】 2013年5月(任意団体)
2015年4月(一般社団法人)
【役員】 代表理事 及川博文(社会福祉士,精神保健福祉士)
理事   浦崎寛泰(弁護士,社会福祉士)
理事   中田雅久(弁護士)
理事   山田恵太(弁護士)
理事   堀江まゆみ(白梅学園大学教授)
事務局  髙橋春菜(弁護士)

※2017年5月30日に代表理事が交代しました。

【主な活動場所】 東京都

構成メンバー

東京TSネットは,活動目的に賛同する方であれば,専門資格の有無を問わず,誰でも参加することができます。そのため,メンバーは多種多様です。精神科医,研究者,障害のある子を持つ親,特別支援学校の教諭,グループホーム経営者,就労移行支援事業所の職員,特例子会社の職員,障害者就労支援センターの職員,弁護士などです。